モスバーガー採用センター

0120-87-0831 電話応募受付時間:AM10~PM7時(年末年始を除く)
WEB応募受付:24時間
モスバーガーお仕事紹介

スタッフインタビュー

T.Kさん 24歳 留学生
神楽坂下店 2012年入社
「敬語の勉強になりそう」が、モスバーガーを選んだ理由
T.Kさん

中国の福建省から日本に留学してきて、大学に入学する前に日本語がもっと上手になりたい、そのために日本語を使う機会を増やそうと考えました。そこで、日常の生活の中でも、中国語を使う以上に、丁寧で確かな日本語を使うアルバイトを探すことに。
その当時はまだ日本語にあまり自信がなかったので、簡単な会話ですむコンビニエンスストアなどでのアルバイトも考えたのですが、難しい日本語の敬語も使いこなせるようになりたかったので、ホールでもキッチンでも敬語を使って、きちんとした接客をするお店のアルバイトをインターネットの求人サイトで探しました。
そこで見つけたのが、モスバーガー神楽坂下店のアルバイト・パートスタッフを募集する求人広告です。接客に力を入れているモスバーガーなら日本語に敬語のスキルも身につきそう、しかも留学先の大学のある場所からも近い。自分の条件にピッタリだったので、モスバーガーの神楽坂下店で週に2日、土日のアルバイトをさせていただくことにしました。

「笑顔がすてき!」仲間がほめてくれるから、成長できた
T.Kさん

最初は日本語の敬語の使い方だけではなく、手洗いなどの衛生管理や店内ルールなど覚えることが多く、苦労しました。また、モスバーガーは笑顔での接客をとても大切にする会社です。モスバーガーでアルバイトを始める前は、意識して笑顔で人と接することがなかったので、それに慣れるまでが大変でした。 そんな私が自然な笑顔を身につけることができたのは、一緒に働いているモスバーガー神楽坂店の仲間たちのおかげです。ホールでもキッチンでもみんな親切で、私に笑顔で接してくれます。そういうメンバーと一緒に働いているうちに、半年ほどで自然と笑顔で人と接する姿勢が身についていきました。

そして、私が笑顔で接客できると「今の笑顔、すてきだったよ」などと、マネージャーやアルバイト・パートの仲間たちみんながほめてくれます。ほめられると嬉しいから、よけいにいつも笑顔でいようと心がけるようになります。おかげで今では、接客の時にお客さまからも笑顔をほめていただけるようになりました。

お客さまの立場で考えること、きちんとした接客。身についたことは就活にもきっと役立つはず
モスバーガーのアルバイトの仕事をする上で一番気をつけているのは、ホールにいる時でも、キッチンでご提供する商品の準備をしている時でも、まずお客さまの立場で考えること。こんな時、自分ならどうしてほしいかと考えて接客するようにしています。
たとえば、ベビーカーを押しているお客さまのためにドアを開けてさしあげる。スーツケースを持っているお客さまには一声かけて荷物をお預かりする。お子さま連れのお客さまがドリンクを持って階段を上るのは大変なので、かわりに持ってさしあげる。マネージャーから丁寧にアドバイスをいただいたおかげで、モスバーガーでアルバイトを始めた3年間でそうした気配りを身につけることができました。
私は今、大学3年生でこれから就活を始めるのですが、モスバーガーのアルバイトでホールやキッチンで接客することで身についた敬語を含めた日本語の使い方や気配りは、私が希望している留学生採用を行っている日本企業への就活でも、その後の仕事でもきっと役に立つと思います。
モスバーガーでアルバイトしてもう一つよかったのは、中国以外の友だちが増えたこと。アルバイト・パートの仲間と飲み会をしたり、一緒に遊びに行ったり。社会人経験のある先輩からも、楽しく、そして多くのことを学ぶこともできて、本当に良いアルバイトに出会えたと思っています。
T.Kさん